読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花宵道中 ネタバレ漫画(*^^)オールヌードのあの女優さんは・・・!

花宵道中 漫画のネタバレがあります。(*^^)映画では映像化されなかった部分がわかります。

花宵道中・漫画のネタバレあり。 ここ知っとこ。花魁の階級など(*´ω`*)

花宵道中の先に知っておいた方がイイコトまとめ

 

ネタバレ その前に

  漫画で読みたい人はコチラ⇒ クリック

 

花宵道中 ←コピペして (はなよいどうちゅう)

で検索してね(*^^)

 

今は2巻無料で公開されてるみたいです^^

  f:id:ayakanoyoru:20170421172755j:plain

 女優の安達祐実さんが主演の映画

 花宵道中  はなよいどうちゅう

 

 

主演は20年ぶりだそうです(*^^*)

 

いつまでも可愛らしくて憧れる女優さんです。

 

今作はオールヌードになるそうで話題になってました。

 

 2017年118日  映画公開

 

******

 

 花宵道中

  花魁の世界の予備知識です^^

 

 

花魁のシステム
 
 
花魁とは・・・
 
花魁候補は子どもの頃から禿として
 
徹底的に古典や書道、茶道、和歌、
 
箏、三味線、囲碁などの教養、芸事学んだ。
 
 
花魁を仕揚げるには莫大な資金が必要であり、
一般庶民には手が出せないものであった。
 
(花魁の側も禿や新造を従え、自分の座敷(部屋)
を維持するために多額の費用を要した)
 
 
 
 
花魁は引手茶屋を通して「呼び出し」する。
 
呼び出された花魁禿振袖新造を従えて 
 
遊女屋と揚屋・引手茶屋の間を
 
行き来することを
 
魁道中 おいらんどうちゅう と呼んだ。
 
 
 
 
 
 

身請(みうけ)

花魁に限らないが客が他の遊女や、
身代金や借金を支払って
勤めを終えさせること。
 
大見世の花魁では数千両にも
のぼったという。
 
*江戸初期~中期で言うと約1億円
  後期は8000万円、
  幕末5000万円らしいです。
 
宝くじの様なものですね(◎_◎;)
 
 
 

禿(かむろ)

花魁の身の回りの雑用をする10歳前後の少女。
彼女達の教育は姉貴分に当たる遊女が行った。
禿(はげ)と書くのは
毛が生えそろわない少女であることからの
当て字である。
 
 
 
 
振袖新造(ふりそでしんぞう)
15-16歳の遊女見習い。
禿はこの年頃になると姉貴分の遊女の働きかけで振袖新造になる。
 
多忙な花魁の名代として客のもとに呼ばれても床入りはしない。
 
しかし、稀にはひそかに客を取るものもいた。
 
その代金は「つきだし」
(花魁としてデビューし、水揚げを迎える日)
の際の費用の足しとされた。
 
振袖新造となるものは
格の高い花魁となる将来が約束されたものである
 
 
 
 

留袖新造(とめそでしんぞう)

振袖新造とほぼ同年代であるが、
禿から上級遊女になれない妓、
10代で吉原に売られ禿の時代を経なかった妓がなる。
 
振袖新造は客を取らないが、留袖新造は客を取る。
しかし、まだ独り立ちできる身分でないので花魁につき、世話を受けている。
 
 
 
 
 
 
 

遣手(やりて)

遊女屋全体の遊女を管理・教育し、客や当主、遊女との間の仲介役。
 
当主の妻(内儀)とは別であり、
あくまでも従業員。
 
難しい役どころのため年季を勤め上げた遊女や、
 
番頭新造のなかから優秀な者が選ばれた。
店にひとりとは限らなかった。
 
 
 
 
 
女衒(ぜげん)
遊女達を全国から集めて郭へ供給する調達役。
 
表向きは年季奉公の前借金渡しの形だが、実態は人身売買。
 
中には、人さらいと通じている悪質な者もいた。人買い。
 
 
 
 

廓詞(くるわことば)

遊女達は全国から集められており、
訛りを隠すために「 - ありんす」
など独特の言葉を使っていた。
 
廓詞は揚屋によって異なっていた
里詞、花魁詞、ありんす詞とも。
  *******

 

予備知識がわかったら

 今は無料の漫画で読もう♪⇒ クリック